かぼすすだちはいずれもミカン科ミカン属の果樹、およびその果実で、混同されることも多いですがそれぞれ別の植物果物です。
 
かぼす

「かぼす」とは、ミカン科ミカン属の常緑広葉樹の柑橘類で、漢字では「香母酢」や「臭橙」と書きます。
食用とされる果実は重量100~150g、 直径6~7cmとテニスボール程度の球体で、果皮は緑色で厚く果頂部に輪形の突起があります。
独特の強い酸味が特徴で、果汁を搾って魚料理薬味鍋料理ポン酢酢の物などの料理に用いられるほかジュースアイスクリームケーキなどにも用いられます。
日本における「かぼす」の主な生産地は大分県で、全国の収穫量のうち9割以上が大分県で収穫されています。

すだち

「すだち」とは、ミカン科ミカン属の常緑広葉樹の柑橘類で、漢字では「酢橘」と書きます。
食用とされる果実は重量30~40g、直径4~5cmと「かぼす」と比較してひとまわり小さいゴルフボール程度の球体で、果皮は「かぼす」と同じく緑色ですが「かぼす」と比較して薄くなっています。
上品な香りが特徴で、「かぼす」同様果汁を絞って様々な料理の風味付けに用いられるほか、果皮をすりおろして松茸吸い物に添えられたり、輪切りにしてそうめんうどんなど麺料理具材にされることもあります。
日本における「すだち」の主な生産地は徳島県で、全国の収穫量のうち9割以上が徳島県で収穫されています。


■ Wikipedia カボス
■ Wikipedia スダチ

「かぼす」…重量100~150g、 直径6~7cm、主産地大分県の柑橘類
「すだち」…重量30~40g、直径4~5cm、主産地徳島県の柑橘類

「かぼす」と「すだち」の違いは?
Tagged on: