緑黄色野菜

緑黄色野菜とは、β-カロテンを豊富に含む野菜の総称で、ほうれん草ニンジンカボチャブロッコリーアスパラガスオクラクレソン小松菜春菊ニラなどが代表的な「緑黄色野菜」です。
厚生労働省では「原則として可食部100g当たりカロチン含量が600μg以上の野菜」を「緑黄色野菜」と定義しています。
ただし、トマトピーマンさやいんげんなど、β-カロテンの含有量が600μg以下でも使用頻度が高い野菜や、1回の摂取量が多い野菜で色の濃いものも「緑黄色野菜」に分類されます。
「緑黄色野菜」の多くは、β-カロテン以外のビタミンミネラルも豊富に含むため、肥満、がん、生活習慣病などの予防に有効とされおり、厚生労働省では1日の野菜摂取の目標量を350g以上、そのうち「緑黄色野菜」を120g以上としています。

淡色野菜

淡色野菜とは、「緑黄色野菜」以外の野菜の総称で、玉ねぎキャベツ大根カリフラワーカブ白菜蓮根レタスセロリごぼうキュウリなどが代表的な「淡色野菜」です。
「淡色野菜」の多くは、「緑黄色野菜」と比較して栄養価が低いものが多いですが、食物繊維を豊富に含むため、腸内環境を整え、糖質脂質の吸収を緩やかにする効果などがあります。

なお、ネギは青い部分が「緑黄色野菜」、白い部分が「淡色野菜」に分類され、大根やカブは一般的に食する根の部分は「淡色野菜」ですが、葉の部分は「緑黄色野菜」に分類されます。


■ Wikipedia 緑黄色野菜
■ Wikipedia 淡色野菜

「緑黄色野菜」…β-カロテンを豊富に含む野菜の総称
「淡色野菜」…緑黄色野菜以外の野菜の総称

「緑黄色野菜」と「淡色野菜」の違いは?
Tagged on: