ビーフステーキ

ビーフステーキとは、厚目にスライスした牛肉フライパン鉄板金網などで焼いた肉料理です。
牛肉のサーロインヒレロースなどの部位を厚さ1~3cm程度、重量150~300g程度にスライスし、胡椒などの調味料で下味をつけ、牛脂などを引いたフライパンや鉄板で焼いたものが一般的です。
ステーキソースを用いたものや、照り焼き風、生姜焼き風、ポン酢醤油大根おろしで和風の味付けをしたもの、バターやローストガーリックレモンの輪切りなどが添えられたものもあり、ジャガイモニンジンブロッコリーさやいんげんコーンなどの野菜類が付け合わせにされることが多いです。
また、肉の焼き加減には表面のみを焼いた「レア」、中心部までしっかり焼いた「ウェルダン」、中間の「ミディアム」などの呼称があります。
「ビーフステーキ」は、地域店舗によっては「ビフテキ」や「ビステキ」と略されることもあります。

ポークステーキ

一方ポークステーキとは、「ビーフステーキ」の牛肉の代わりに豚肉を用いた肉料理です。
地域や店舗によっては「トンテキ」「豚テキ」と略されることもあります。
鶏肉を用いた同様の肉料理は「チキンステーキ」、仔羊肉を用いた肉料理は「ラムステーキ」と呼ばれますが、単に「ステーキ」といった場合、牛肉を用いた「ビーフステーキ」を指すことが多いです。


■ Wikipedia ビーフステーキ
■ Wikipedia ステーキ

「ビーフステーキ」…牛肉のスライスを鉄板や金網などで焼いた肉料理
「ポークステーキ」…豚肉のスライスを鉄板や金網などで焼いた肉料理

「ビーフステーキ」と「ポークステーキ」の違いは?
Tagged on: