バーニャ・カウダとは、イタリア北部のピエモンテ州の郷土料理です。
「バーニャ・カウダ」の「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」を意味するイタリア語(ピエモンテ州の方言)で、直訳すると「熱いソース」になります。
オリーブ油ニンニクアンチョビをベースにした温かいソースに、野菜などをディップして食します。
カブ大根ニンジンカリフラワーブロッコリーなどの冬野菜を中心とした様々な野菜のほか、パンソーセージなども同じソースにディップされることもあります。
ソースを保温するため、ろうそく固形燃料をセットできるように下部が空洞になった「フォイョ」と呼ばれる専用のポットが用いられることが多いです。

バーニャ・カウダ

バーニャ・フレイダとは、「バーニャ・カウダ」から派生したといわれる料理で、「フレイダ」は「冷たい」を意味し、直訳すると「冷たいソース」になります。
「バーニャ・カウダ」同様、オリーブ油、ニンニク、アンチョビをベースにしたソースを冷やして、ピーマンパプリカキュウリカボチャセロリなどの夏野菜を中心に、様々な食材をディップして食す料理です。

バーニャ・フレイダ

日本において「バーニャ・フレイダ」は、「バーニャ・カウダ」ほど一般的ではなく、「冷製バーニャ・カウダ」と呼ばれることもあります。


■ Wikipedia バーニャ・カウダ

「バーニャ・カウダ」…温かいソースに野菜などをディップして食すイタリアピエモンテ州の郷土料理
「バーニャ・フレイダ」…冷たいソースに野菜などをディップして食すバーニャ・カウダの派生料理

「バーニャ・カウダ」と「バーニャ・フレイダ」の違いは?
Tagged on: