株式会社明治が1975年(当時は明治製菓株式会社)に発売し、40年経った現在も製造販売されているロングセラーチョコレートスナック菓子きのこの山と、1979年に発売された姉妹品のたけのこの里は、商品の形状以外にも違いがあります。

きのこの山
「きのこの山」のスナック部分は「クラッカー」です。
原材料は多い順に、砂糖小麦粉カカオマス植物油脂全粉乳ココアバター、乳糖、ショートニング練乳パウダー、脱脂粉乳、異性化液糖、クリームパウダー麦芽エキス、イースト食塩乳化剤(大豆を含む)、膨張剤香料で、練乳パウダー、異性化液糖、イーストは「きのこの山」にしか使用されていません。
1箱の内容量は82gで、主要栄養成分表示は1箱あたり、エネルギー453kcal、たんぱく質6.6g、脂質26.2g、炭水化物47.6g、ナトリウム110mgです。

たけのこの里
「たけのこの里」のスナック部分は「クッキー」です。
原材料は多い順に、砂糖、小麦粉、全粉乳、カカオマス、ショートニング、鶏卵、植物油脂、ココアバター、卵白マーガリンアーモンドペースト、乳糖、脱脂粉乳、食塩、クリームパウダー、麦芽エキス、乳化剤(大豆を含む)、香料、膨張剤で、鶏卵、卵白、マーガリン、アーモンドペーストは「たけのこの里」にしか使用されていません。
1箱の内容量は77gで、主要栄養成分表示は1箱あたり、エネルギー426kcal、たんぱく質6.2g、脂質25.7g、炭水化物42.4g、ナトリウム160mgです。

「クッキー」と「ビスケット」「サブレ」の違いは?
に記載の通り、日本では公正競争規約(全国ビスケット協会)で「クラッカー」や「クッキー」の定義が定められており、「クラッカー」は小麦粉を主材料に焼いた洋菓子のうち、イースト・酵母を使って発酵させた生地を短時間・高温で焼き上げたもの、「クッキー」は糖分脂肪分の合計が40%以上のものとそれぞれ定められています。


■ Wikipedia きのこの山
■ Wikipedia たけのこの里

「きのこの山」スナック部分が「クラッカー」のチョコレートスナック菓子
「たけのこの里」スナック部分が「クッキー」のチョコレートスナック菓子

「きのこの山」と「たけのこの里」の違いは?
Tagged on:                                                                                                                                                                                 

One thought on “「きのこの山」と「たけのこの里」の違いは?

Comments are closed.