たくあんべったら漬けは、いずれも大根漬物ですがそれぞれ別の漬物です。
 
たくあん

「たくあん」とは、干した大根を糠床(ぬかどこ)で漬けた日本発祥の漬物です。
天日干しや塩分によって脱水した大根を、や風味付けの昆布などを加えた米糠(こめぬか)に漬け込んで熟成発酵させるのが伝統的な製法で、米糠に長時間漬け込むことによって黄褐色に染まりますが、近年では人工着色料を用いて着色した鮮やかな黄色のものや、甘味料旨味調味料などを配合した調味液で調味された商品も多いです。
江戸時代に沢庵宗彭(たくあんそうほう)という名の僧侶が考案したことが名称の由来とされており、漢字で「沢庵」と書くことや「沢庵漬け」と呼ばれることもあります。
また、「たくあん」の発音がしにくいため「たくわん」と呼ばれたり、口頭語を表音式仮名遣いした「たくわん」の表記が用いられることもあります。

べったら漬け

一方「べったら漬け」とは、塩漬けした生の大根を(こうじ)で漬けた東京(江戸)発祥の漬物です。
塩で下漬けした生の大根を、米や塩、砂糖を加えた米麹(こめこうじ)に漬け込んで熟成発酵させるのが伝統的な製法で、米と米麹によってできる甘酒の独特の甘味があり、塩味が多い漬物としては珍しい甘口の漬物になっています。
江戸時代に百姓が(あめ)と麹で漬けた浅漬けが原型とされており、表面についた米麹がべっとりしている、べたべたしていることが名称の由来とされています。
「たくあん」と比較すると水分量が多いため瑞々しく柔らかい歯ごたえで、独時のぬめりのある舌ざわりと甘味が特徴の漬物です。


■ Wikipedia 沢庵漬け
■ Wikipedia べったら漬

「たくあん」…干した大根を糠床で漬けた日本発祥の漬物
「べったら漬け」…塩漬けした生の大根を麹で漬けた東京発祥の漬物

「たくあん」と「べったら漬け」の違いは?
Tagged on: