それぞれ寿司の一種である巻き寿司太巻き恵方巻に明確な定義はありませんが、一般的に以下のように区分されることが多いといえます。
  
「巻き寿司(まきずし)」とは、具材酢飯海苔で巻いた寿司の総称で、「巻物(まきもの)」、「海苔巻き(のりまき)」と呼ばれることもあります。
巻き寿司

一般的には、海苔の上に広げた酢飯の上に魚介類キュウリなどの野菜玉子焼きかんぴょうなど様々な具材を乗せ、巻き簾(まきす)を用いて巻いた寿司を指します。
「巻き寿司」には、かっぱ巻き、鉄火巻き、納豆巻きなど一種類の具材のみを用いたものから、複数の具材を組み合わせて巻いたもの、カリフォルニアロールのように海苔と酢飯を逆に巻いたものまで多種多様で、巻き簾を使わない手巻き寿司も含める場合もあります。

「太巻き(ふとまき)」とは、「巻き寿司」の一種で、板海苔を一枚以上使用した太めの「巻き寿司」を指します。
太巻き

一般的には焼穴子、キュウリ、玉子焼き、かんぴょう、高野豆腐椎茸など多数の具材を巻いて、輪切りにして盛りつけられることが多いです。
「太巻き」に対して、一種類の具材のみを用いた細い「巻き寿司」を「細巻き」、さらに中間の太さのものを「中巻き」と呼び分けることもあります。

「恵方巻(えほうまき)」とは、節分に食べると縁起が良いとされている「巻き寿司」を指します。
恵方巻

節分に恵方を向いて「巻き寿司」にかぶりつく習慣は、関西地方が発祥です。
元々は「恵方巻」以外にも「丸かぶり寿司」や「恵方寿司」「七福寿司」、また単に「巻き寿司」と呼ばれることもあるなど、固定した名称はありませんでしたが、大手コンビニエンスストアセブンイレブンが、全国発売する際に「恵方巻」商品名に採用したことから、「恵方巻」の名称が全国で定着したとされています。
「恵方巻」の具は、一般的な「太巻き」と大差ありませんが、七福神にちなみ、七種類の具材を入れるとよいとされることもあります。
また、恵方を向いて丸かじりする行事であるため、輪切りにされないのも特徴といえます。


■ Wikipedia 巻き寿司
■ Wikipedia 太巻き
■ Wikipedia 恵方巻

「巻き寿司」…具材と酢飯を海苔で巻いた寿司の総称
「太巻き」…板海苔を一枚以上使用した太めの巻き寿司
「恵方巻」…節分に食べると縁起が良いとされている巻き寿司

「巻き寿司」と「太巻き」「恵方巻」の違いは?
Tagged on: