マクドナルドの定番メニューであるチキンフィレオと、100円マックとしてもおなじみのチキンクリスプは、どちらもチキンメインとしたハンバーガーですがどのような違いがあるのでしょうか。

チキンフィレオ
「チキンフィレオ」は、てりやきバーガーなどと同じゴマ付きバンズを使用しています。
チキンは皮付きで厚めの一枚肉で、一口食べると、チキンのジューシーさをしっかりと感じられます。
ソースはてりやきバーガーにも使用されているスイートマヨネーズを使っており、チキンの他にレタスと刻み玉ねぎがはさんであり、ボリュームがあって食べ応えのあるハンバーガーです。
価格は地域によって異なりますが300円~350円ほどです。

チキンクリスプ
100円マックの人気メニューでもある「チキンクリスプ」は、ハンバーガーなどと同じレギュラーバンズを使用しています。
メインであるチキンは、ナゲットと同じ成形肉で作られていますので、一枚肉を使用している「チキンフィレオ」と比べると、少しパサっとしています。
チキンが淡白な味付けである分、衣にしっかりと味付けされています。
ソースは、ベーコンレタスバーガーに使用されている、マスタード風味のものです。
「チキンクリスプ」にはさんである野菜は「チキンフィレオ」と違い、レタスのみです。


■ Wikipedia マクドナルド
■ 公式サイト メニュー情報 チキンクリスプ
■ 公式サイト メニュー情報 チキンフィレオ

「チキンクリスプ」は、レギュラーバンズを使用しており、チキンは成形肉
「チキンフィレオ」は、ゴマ付きバンズを使用しており、チキンは皮付きで厚めの一枚肉

「チキンクリスプ」と「チキンフィレオ」の違いは?
Tagged on: