クローバーカタバミは、いずれも小さな3枚のをつける植物で外観が似ているため混同されることも多いですが、全く別の植物です。
 
クローバー

「クローバー」とは、マメ科シャジクソウ属の植物の総称で、英語では “Clover” と書きます。
厳密には日本にも分布する「アカツメクサ(ムラサキツメクサ)」などを含む、全世界に分布する約260種のシャジクソウ属の総称ですが、日本においては、ヨーロッパ原産多年草シロツメクサ」を指して「クローバー」と呼ぶことが多いです。
葉は斑紋が入った丸い3枚の小葉からなる複葉で、花茎の先端に球状に白やピンクの小花を咲かせます。
「クローバー」は、牧草園芸、緑肥などの目的で利用されるほか、蜂蜜のおもな蜜源植物にもなっています。
また、通常の「クローバー」の葉は、3枚の小葉からなる三小葉の「三つ葉」ですが、4枚の小葉を持つ四小葉の変異体は「四つ葉のクローバー」と呼ばれ、幸運シンボルとして珍重されます。

カタバミ

「カタバミ」とは、カタバミ科カタバミ属に属する日本原産の多年草で、漢字では「片喰」や「酢漿草」と書きます。
葉は斑紋のないハート型の3枚の小葉からなる複葉で、花茎は枝分かれして5枚の花弁(花びら)からなる黄色い小花を複数咲かせます。
「カタバミ」は、地面を這うように伸びるつる性の茎の繁殖が早く、地下に球根を持ち根が深いため駆除が困難なことから雑草として扱われることが多いです。
一方で平安時代には、繁殖力が強く一度根付くと絶やすことが困難な性質が、家運隆盛・子孫繁栄に通じることから家紋のデザインとして多く用いられました。


■ Wikipedia シロツメクサ
■ Wikipedia シャジクソウ属
■ Wikipedia カタバミ

「クローバー」…マメ科シャジクソウ属の植物の総称
「カタバミ」…カタバミ科カタバミ属に属する日本原産の多年草

「クローバー」と「カタバミ」の違いは?
Tagged on: