ハルジオンヒメジョオンは、いずれもキク科ムカシヨモギ属に属する北アメリカ原産多年草で、外観も似ているため混同されることが多い植物ですが、それぞれ別の植物です。
 
ハルジオン

「ハルジオン」とは、キク科ムカシヨモギ属に属する北アメリカ原産の多年草です。
の高さは30~70cm程度、茎は中空になっており全体に軟毛があり、白色やピンク、紫色の極細のびらを持つ花を4月~6月頃に咲かせます。
日本には大正時代観賞用として持ち込まれたものが野生化し、帰化種として全国の牧草地や畑などに広く自生していますが、農作物や牧草の生育を妨げるなど雑草として扱われることが多く、侵略的外来種にも指定されています。
秋に開花するキク科シオン属の多年草「シオン(紫苑)」になぞらえて、春に開花することが和名の由来とされており、漢字では「春紫苑」と書き、「ハルシオン」と誤読できることから、睡眠導入剤の「ハルシオン」と混同されることもあります。

ヒメジョオン

「ヒメジョオン」とは、「ハルジオン」と同じくキク科ムカシヨモギ属の北アメリカ原産の多年草です。
茎の高さは40~150cm程度と「ハルジオン」に比べて大きく、茎は中空になっていません。
約1mm以下の極細の花びらをつける「ハルジオン」より太い1.5mm幅の花びらを持つ花を6月~10月頃に咲かせます。
「ハルジオン」同様雑草として扱われることが多く、侵略的外来種にも指定されています。
漢字では「姫女菀」と書き、キク科シオン属の多年草「ヒメシオン(姫紫菀)」との混同を避けるため「ヒメジオン」と呼ばれることはありません。


■ Wikipedia ハルジオン
■ Wikipedia ヒメジョオン
■ 山菜図鑑 ハルジオン
■ 山菜図鑑 ヒメジョオン

「ハルジオン」…茎の高さは30~70cm程度で4月~6月頃に花が咲くキク科ムカシヨモギ属の多年草
「ヒメジョオン」…茎の高さはハルジオンより大きい40~150cm程度で6月~10月に花が咲くキク科ムカシヨモギ属の多年草

「ハルジオン」と「ヒメジョオン」の違いは?
Tagged on: