プルコギチャプチェはいずれも朝鮮韓国料理で、用いられる具材も似ていますがそれぞれ別の料理です。
 

「プルコギ」とは、タレに漬け込んだ薄切り牛肉を、タマネギニンジンネギニラなどの野菜類、シイタケしめじなどのキノコ類、春雨などとともに炒めたり煮たりした朝鮮半島発祥の料理です。
専用の鉄鍋や鉄板、網を用いることも多く、日本のすき焼き焼肉などと同様肉がメインの肉料理のため、日本においては「韓国風すき焼き」や「韓国風焼肉」「朝鮮半島風すき焼き」などといわれることもあります。
春雨やキノコ類を用いない肉と野菜だけのものや、漬け込んだ肉のみを煮たり焼いたりする場合もあります。

一方「チャプチェ」とは、春雨をタケノコ、タマネギ、ニンジン、ホウレンソウ等の野菜類、シイタケ、しめじ、キクラゲなどのキノコ類とともにごま油で炒めた朝鮮半島発祥の春雨料理です。
韓国においては「唐麺(タンミョン)」と呼ばれるサツマイモでんぷんを主成分とした春雨が用いられることが多く、ジャガイモのでんぷんを用いた日本のものに比べて太くなっています。
日本においては挽肉を用いた同様の料理を「麻婆春雨(マーボーはるさめ)」と呼ぶこともあります。


■ Wikipedia プルコギ
■ Wikipedia チャプチェ

「プルコギ」…タレに漬け込んだ薄切り牛肉を、野菜などとともに炒めたり煮たりした朝鮮半島の肉料理
「チャプチェ」…春雨を野菜類などとともにごま油で炒めた朝鮮半島の春雨料理

「プルコギ」と「チャプチェ」の違いは?
Tagged on: