クラフト粘着テープとは、クラフト紙の片面に不溶性を塗った梱包用のテープのことです。
ほとんどの「クラフト粘着テープは、剥離のため表面を合成樹脂ラミネート加工しており、表面は滑らかで光沢があり、をはじきます。
このため、重ね貼りでは極端に接着力が低下します。

一方ガムテープとは本来、発明王エジソンが考案したクラフト紙の片面に水溶性のガム糊を塗って乾燥させ、細長い帯状にした梱包用のテープのことです。
接着面が乾燥させてあるため、郵便切手のように使用直前に糊が塗布してある面に水をつけ、再活性化した上で貼付する必要があり、専用のガムテープディスペンサーを用いて使用する場合がほとんどです。
「ガムテープ」の特徴は、剥離のための表面処理を施す必要がないため、表面はクラフト紙のままで、ざらついています。
このため、鉛筆やペンで書き込むことや、重ね貼りも可能で、再生紙としてのリサイクルも容易であるといえます。

しかし「ガムテープ」登録商標ではなく、幅広の粘着テープの総称として広く認知されており、「クラフト粘着テープ」のことを「ガムテープ」と呼ぶことが一般的といえます。


■ Wikipedia クラフト粘着テープ
■ Wikipedia ガムテープ

「クラフト粘着テープ」クラフト紙の接着面に不溶性の糊を塗った、表面は光沢がある梱包用のテープ
「ガムテープ」クラフト紙の接着面に水溶性のガム糊を塗って乾燥させた、表面に光沢がない梱包用のテープ

「クラフト粘着テープ」と「ガムテープ」の違いは?
Tagged on: