文鳥

文鳥は、綱スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥類です。
主に、インドネシアバリ島などの温帯地域に生息しています。
全長約17cmと小さく、種子果実を好んで食べて生活していますが、民家の庭などにも生息しているため、おトウモロコシなどを食べることから、鳥とみなされることもあります。
野生の「文鳥」は、ごくまれに大規模な群れを形成する場合もありますが、一般的には小規模な群れ、または、ペアで生活していることがほとんどです。
ペットとして飼育される「文鳥」は、孵化した後、スポイト等を使用し給餌することで人馴れし、懐けば手に乗せることも可能ですが、インコのように人語を話すのは難しいようです。

「インコ」は、インコ科に属する約330種類の鳥の総称です。
「文鳥」同様、主に温帯地域に生息していますが、アメリカアフリカアジアなど広い地域に分布しています。
基本的に、種子を好んで食べて生活していますが、「インコ」の種類によっては果実や葉、、昆虫などを食べるものもいます。
ほとんどの「インコ」は、樹洞といわれる樹皮がはがれて木の中が腐るなどしてできた空間に巣を作り、オス・メスでつがいを作って生活しています。
「インコ」の中でも「セキセイインコ」はペットとして飼育されることが多く、手乗りだけでなく、教えることで人語を話せるようにもなります。

インコ


■ Wikipedia ブンチョウ
■ Wikipedia インコ
■ Wikipedia セキセイインコ

「文鳥」は、鳥綱スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥類で、人語は話せない
「インコ」は、インコ科に属する約330種類の鳥の総称で、教えれば人語が話せる

「文鳥」と「インコ」の違いは?
Tagged on: