カルボナーラカチョエペペは、いずれもチーズ黒コショウを用いたイタリア発祥のパスタ料理です。
 
カルボナーラ

「カルボナーラ」とは、チーズ、黒コショウ鶏卵ベーコンなどを用いたイタリア発祥のパスタ料理です。
本場イタリアではチーズに羊の乳から作ったペコリーノ・ロマーノ具材にグアンチャーレ(豚頬肉の塩漬け)、パスタにはリガトーニなどのショートパスタを用いたものが一般的です。
日本においてはソースに生クリームを用いたよりクリーミーなものが多く、チーズにパルミジャーノ・レッジャーノ、具材にパンチェッタ(豚ばら肉の塩漬け)やその他のベーコンが使われることもあります。
また、日本で単に「カルボナーラ」といった場合、パスタにスパゲッティを使用したスパゲッティ・アッラ・カルボナーラのことを指すのが一般的です。

カチョエペペ

「カチョエペペ」とは、チーズ、黒コショウを用いたイタリア発祥のパスタ料理です。
イタリア語の綴りは “cacio e pepe” で、「カチョ(cacio)」は「チーズ」、「エ(e)」は「と」、「ペペ(pepe)」は「コショウ」を意味し、カタカナでは「カチョ・エ・ペペ」と表記されることもあります。
その名の通りチーズとコショウのみを用いたシンプルなパスタ料理で、チーズにペコリーノ・ロマーノ、パスタに太麺のトンナレッリを用いたものが一般的です。
イタリアの首都ローマ郷土料理としても知られており、「カルボナーラ」の原形といわれることもあります。


■ Wikipedia カルボナーラ
■ Wikipedia カチョエペペ

「カルボナーラ」…チーズ、黒コショウ、鶏卵、ベーコンなどを用いたイタリア発祥のパスタ料理
「カチョエペペ」…チーズ、黒コショウを用いたイタリア発祥のパスタ料理

「カルボナーラ」と「カチョエペペ 」の違いは?