クロマグロミナミマグロは、いずれもスズキサバマグロ属に分類される海水魚です。
 

「クロマグロ」とは、成魚体長250cm、体重300kg程度、大きいものでは体長300cm、体重400kgを超える個体もいる大型の海水魚で、おもに太平洋熱帯温帯海域に広く分布する回遊魚です。
太平洋を回遊するものをタイヘイヨウクロマグロ、大西洋を回遊するものをタイセイヨウクロマグロと分類することもあります。
背部が黒に近い濃紺、腹部が銀色をした体色和名の由来で、漢字では「黒鮪」と書きます。
「クロマグロ」食用魚として、おもに日本近海、地中海、大西洋の北西部などで漁獲されますが、漁獲量は年々減少しており「黒いダイヤ」と呼ばれるほどの高級食材となっています。
寿司ネタ刺身など生食されることが多い赤身魚で、生鮮魚介類として流通する場合や、寿司店、日本料理店などの飲食店で店頭に表示される際に他のマグロ属の魚と区別するために「本マグロ」の呼称が用いられることも多いです。

「ミナミマグロ」とは、成魚で体長200cm、体重250kg程度、大きいものでは体長250cm、体重300kgを超える個体もいる大型の海水魚で、おもに南半球インド洋、南大西洋、南太平洋に広く分布する回遊魚です。
背部が濃い藍色、腹部が銀白色の「クロマグロ」と似た外観で、漢字では「南鮪」と書き、インド洋で多く漁獲された時代があることから「インドマグロ」と呼ばれることもあります。
マグロ属の魚では「クロマグロ」に次ぐ高級食材で日本でも食用魚として多く消費されていますが、マグロ属の中で最も個体数の減少率が高いため絶滅危惧種に指定されています。
「クロマグロ」と比べ身が締まり赤身の発色が濃い個体が多く、脂ののりもよいため甘味旨味も濃厚で、寿司のネタや刺身などでは「クロマグロ」と人気を分けるマグロとなっています。


■ Wikipedia クロマグロ
■ Wikipedia ミナミマグロ

「クロマグロ」…おもに太平洋の熱帯・温帯海域に分布するマグロ
「ミナミナグロ」…おもに南半球のインド洋、南大西洋、南太平洋に分布するマグロ

「クロマグロ」と「ミナミマグロ」の違いは?
Tagged on: