缶コーヒー

日本においてペットボトル、紙パックなどに入れて販売されるコーヒー製品は「コーヒー飲料などの表示に関する公正競争規約」に基づき、コーヒー豆の使用量によって「コーヒー」「コーヒー飲料」コーヒー入り清涼飲料の3種類に区分されています。

「コーヒー」とは、製品内容量100g中の生豆使用量が5g以上の製品です。

「コーヒー飲料」とは、製品内容量100g中の生豆使用量が2.5g以上5g未満の製品です。

「コーヒー入り清涼飲料」とは、製品内容量100g中の生豆使用量が1g以上2.5g未満の製品です。

また、コーヒー牛乳カフェオレカフェラテなどで乳固形分を3%以上を含むものは「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」に基づき「乳飲料」に分類されます。


■ Wikipedia コーヒー
■ Wikipedia 缶コーヒー
■ Wikipedia 清涼飲料水
■ Wikipedia 乳飲料

「コーヒー」…内容量100g中の生豆使用量が5g以上の製品
「コーヒー飲料」…製品内容量100g中の生豆使用量が2.5g以上5g未満の製品
「コーヒー入り清涼飲料」…製品内容量100g中の生豆使用量が1以上2.5g未満の製品

「コーヒー」と「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の違いは?
Tagged on: