クヌギコナラは、いずれもブナ目ブナ科コナラ属の落葉広葉樹です。
「クヌギ」「コナラ」ともに日本の雑木林に多く自生しており、樹液にカブトムシクワガタスズメバチなどの昆虫が集まることや、「どんぐり」と呼ばれるがなることで知られています。

「クヌギ」「コナラ」は、樹皮、実の外観で見分けることができます。

「クヌギ」の樹皮は、厚く、硬く、濃い灰色をしています。

クヌギの樹皮

「コナラ」の樹皮は、「クヌギ」と比較すると薄く、色も明るめの色をしているものが多いです。

コナラの樹皮

「クヌギ」の葉は、葉脈(側脈)が13~17対で、細長い形状をしています。

クヌギの葉

「コナラ」の葉は、葉脈(側脈)が7~12対で、「クヌギ」と比較して丸く、付け根に向かって細くなっていく形状をしています。

コナラの葉

「クヌギ」「コナラ」ともに実は「どんぐり」と呼ばれ、「帽子」と呼ばれることもある椀の部分は正式には「殻斗(かくと)」といいます。

「クヌギ」の実は丸く、殻斗は反り返ってもじゃもじゃになっています。

クヌギの実

一方「コナラ」の実は細長く、殻斗はお椀形です。

コナラの実


■ Wikipedia クヌギ
■ Wikipedia コナラ

「クヌギ」…樹皮が厚く濃い灰色、葉脈13~17対の細長い葉、丸い実の落葉広葉樹
「コナラ」…樹皮が薄く薄い灰色、葉脈7~12対の付け根に向かい細くなる葉、細長い実の落葉広葉樹

「クヌギ」と「コナラ」の違いは?
Tagged on: