ブラジリアン柔術グレイシー柔術は、日本出身の柔道家の前田光世氏が、柔道普及のためアメリカメキシコヨーロッパなど世界各地で異種格闘技戦を繰り広げながら渡り歩き、最終的に移民帰化したブラジルで伝えた独自の武術護身術を元に改変された格闘技で、本来は同一のものを指します。
柔道をベースにしながらも投げ技ではなく、絞め技や関節技など寝技攻撃の主体としているのが特徴です。

「グレイシー柔術」は、創始者のカーロス・グレイシー氏、エリオ・グレイシー氏を含む5人兄弟が、前田光世氏から伝授された柔術に改変を加え普及させた格闘技です。
生涯に5度結婚した創始者カーロス・グレイシー氏の21人の子供、2度結婚したエリオ・グレイシー氏の子供をはじめとしたグレイシー一族を中心に普及し、一般的にも「グレイシー柔術」と呼ばれていました。
しかし、一族のホイス・グレイシー氏がアメリカ合衆国総合格闘技大会UFCで優勝し、「グレイシー柔術」の人気が高まると、多くのブラジル人柔術家がアメリカに進出し「グレイシー柔術」アカデミーを開講します。
グレイシー一族の一部の人間がそれを嫌い「グレイシー柔術」の名前を商標登録したことから、一般的には「ブラジリアン柔術」と呼ばれるようになりました。

現在では「グレイシー柔術」は、「ノヴァウニオン柔術」「マチャド柔術」「バルボーザ柔術」「カナディアン柔術」など、他の「ブラジリアン柔術」のアカデミー同様「グレイシー柔術」というひとつの流派と考えられることが多いといえます。


■ Wikipedia ブラジリアン柔術
■ Wikipedia グレイシー一族

「ブラジリアン柔術」…柔道の寝技を攻撃の主体にした格闘技
「グレイシー柔術」…グレイシー一族によるブラジリアン柔術

「ブラジリアン柔術」と「グレイシー柔術」の違いは?
Tagged on: