からまでのスペクトルが円弧状に並んで見える現象は、上がりや、水しぶきをあげるなどで、空気中の水滴により太陽の光が屈折反射されることで現れる現象で、大気光学現象と呼ばれる気象現象のひとつです。
「虹」は、基本的に太陽を背にした反対側で見える現象です。

虹

「虹」と同様に赤から紫までの光のスペクトルが見える大気光学現象は、発生のメカニズムや原因、見え方などにより様々な種類があります。

「環天頂弧」「天頂環」「天頂孤」「逆さ虹」とも呼ばれる環天頂アークは、空気中の氷晶により太陽の光が屈折・反射されることで現れる現象で、太陽の上方約46°の位置に見える大気光学現象のため、日本では太陽高度の低い冬場に発生しやすい現象です。
「逆さ虹」の名の通り、「虹」とは逆の両端が上がった円弧を描きます。
環天頂アーク

「水平弧」「水平環」とも呼ばれる環水平アークは、空気中の氷晶により太陽の光が屈折・反射されることで現れる現象で、太陽の下方約46°の位置に見える大気光学現象のため、日本では太陽高度の高い夏場に発生しやすい現象です。
おなじく大気光学現象のひとつで、が七色に色づいて見える「彩雲」と間違われることも多い現象で、ほぼ水平の横一直線に見えます。
環水平アーク

「虹」「環天頂アーク」「環水平アーク」の大きな違いは、見える形状と、太陽の光が大気中の水滴により屈折・反射されるか、氷晶により屈折・反射されるかの違いといえます。


■ Wikipedia 虹
■ Wikipedia 環天頂アーク
■ Wikipedia 環水平アーク

「虹」空気中の水滴により太陽光が屈折し、光のスペクトルが円弧状に並んで見える大気光学現象
「環天頂アーク」空気中の氷晶により太陽光が屈折し、光のスペクトルが逆円弧状に並んで見える大気光学現象
「環水平アーク 」空気中の氷晶により太陽光が屈折し、光のスペクトルが水平に並んで見える大気光学現象

「虹」と「環天頂アーク」「環水平アーク 」の違いは?
Tagged on: