ナポリタンイタリアンは、いずれも日本におけるパスタ料理の一種で、欧米料理を元に日本で発祥したスパゲッティ料理の名称です。
 
ナポリタン

「ナポリタン」とは、ケチャップ味のアメリカ風スパゲッティを元に日本で独自に発展したスパゲッティ料理です。
「ナポリタン」は、太めのスパゲッティを柔らかくなるまで茹でたと、タマネギピーマンマッシュルームソーセージベーコンハムなどの具材を、フライパンでケチャップを絡めて炒めたものが一般的で、喫茶店レストラン、家庭の食卓などで広く提供され普及しました。
トマトバジルオリーブオイルで煮込んで裏ごししたナポレターノソースを絡めたフランス料理「スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ(Spaghetti alla Napoletana)」と名前が類似していますが、日本で単に「ナポリタン」といった場合はケチャップ味のものを指すことがほとんどです。

鉄板ナポリタン

「イタリアン」とは、おもに西日本の一部の地域で用いられる「ナポリタン」の別称です。
地域によっては「ナポリタン」と同様の具材と麺を、ケチャップを絡めず胡椒で味付けしたものを「イタリアン」と呼ぶことや、「ナポリタン」ステーキ皿などの鉄板に乗せた「鉄板ナポリタン」を「イタリアン」と呼ぶこともあります。
また、ケチャップを用いたものを「ナポリタン」、ケチャップを用いずトマト水煮を煮込んで作るトマトソースを用いた「スパゲッティ・アッラ・アマトリチャーナ(Spaghetti alla Amatriciana)」に類似したものを「イタリアン」と呼び区別することもあります。


■ Wikipedia ナポリタン
■ Wikipedia イタリアンスパゲッティ

「ナポリタン」…ケチャップ味のアメリカ風スパゲッティを元に日本で独自に発展したスパゲッティ料理
「イタリアン」…おもに西日本の一部の地域で用いられるナポリタンの別称

スパゲッティ「ナポリタン」と「イタリアン」の違いは?
Tagged on: