チーター

一見同じに見えるチーターヒョウにも、様々な違いがあります。
「チーター」は、顔が小さくが細く長いです。
オス群れで生活する場合もありますが、メスは基本的には単独で生活しています。
ネコ科の動物の中で唯一を奥に引っ込めることができず固定されています。
そのため、に登ることができないので、主に地上で生活しています。しかし、この爪がスパイクのような役割を果たして速く走ることができるのです。
「チーター」獲物の捕らえ方は、20~30m程の距離まで忍び寄り、突然猛スピードで追いかけて獲物を倒し、その後獲物を草むらなど見えないところへ運び、素早く食べます。
「チーター」の柄は、真っ黒い点のようになっているのが特徴です。

「ヒョウ」の手足は、「チーター」と比べて太くて短いです。
そのため、「チーター」のように速く走ることはできませんが、とても力が強いです。
獲物の捕らえ方は、茂みに隠れて待ち伏せをし飛び出して襲うか、木の上から狙いを定めて飛びつく場合もあります。
獲物を捕らえたら、木の上へ運びゆっくりと食べます。
「ヒョウ」「チーター」と違い、木登りが得意なのです。
「ヒョウ」の柄は、丸が少し崩れたような花のような形をしているのが特徴です。
「ヒョウ柄」としても人気がありますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ヒョウ


■ Wikipedia チーター
■ Wikipedia ヒョウ

「チーター」は手足が長く、世界一速く走る動物
「ヒョウ」は、手足が短く狩りが得意な動物

「チーター」と「ヒョウ」の違いは?
Tagged on: