大学ノートルーズリーフなどにあらかじめ一定の間隔で引かれた線「罫線(けいせん)」は、おもにA罫B罫があります。

「A罫」とは、7mm間隔で横に引かれた罫線のことで「えーけい」と読みます。
大学ノートやルーズリーフで最も一般的な横罫線の間隔で「普通横罫(ふつうよこけい)」ともいいます。

「B罫」とは、6mm間隔で横に引かれた罫線のことで「びーけい」と読みます。
多目的な利用を想定した横罫線の間隔で「中横罫(ちゅうよこけい)」ともいいます。

「A罫」「B罫」以外に、5mm間隔の「C罫」、8mm間隔の「U罫」、10mm間隔の「UL罫」などもあります。


■ Wikipedia ノートブック
■ コクヨ 公式サイト Campusシリーズ 体系表

「A罫」…7mm間隔で横に引かれた罫線
「B罫」…6mm間隔で横に引かれた罫線

「A罫」と「B罫」の違いは?
Tagged on: