「クレヨン」と「クレパス」の違いは?

「クレヨン」と「クレパス」の違いは?

「クレヨン」とは、溶かした蝋(ロウ)に着色顔料を混ぜて棒状に冷やし固めた画材で、19世紀にフランスで発明されたといわれています。 手を汚さず手軽に彩色描画ができることや、色鉛筆のように尖っておらず鉛筆削りも必要ないこと、