サクマ式ドロップスとは、佐久間製菓株式会社から発売されているハードキャンディ商品名で、登録商標です。
原材料は砂糖水飴果汁カカオマス酸味料香料着色料などで、風味はイチゴレモンオレンジパイナップルリンゴハッカブドウチョコの8種類です。
缶入り商品の缶は赤色をベースにデザインされています。

サクマ式ドロップス

サクマドロップスとは、サクマ製菓株式会社から発売されているハードキャンディの商品名です。
原材料は砂糖、水飴、濃縮果汁、酸味料、香料、着色料などで、風味はイチゴ、レモン、オレンジ、パイナップル、リンゴ、ハッカ、メロンスモモの8種類です。
缶入り商品の缶は緑色をベースにデザインされています。

サクマドロップス

「サクマ式ドロップス」は、1908年創業の佐久間惣次郎商店が発売を開始しました。
佐久間惣次郎商店は1920年に法人化し、佐久間製菓株式會社となり同商品の販売を続けますが、創業者の佐久間惣次郎氏が逝去後に経営難に陥ります。
1937年、山田弘隆氏が佐久間製菓株式會社の社長に就任するものの、第二次世界大戦太平洋戦争が激化し砂糖の供給が停止、廃業へ追い込まれます。
終戦後の1948年、同社の筆頭社員の横倉信之助氏が佐久間製菓株式会社を創業、「サクマ式ドロップス」の販売を再開します。
同年、佐久間製菓株式會社廃業時の社長、山田弘隆氏の三男の山田隆重氏も同様の商品の製造を開始、翌1949年に事業を法人化し、サクマ製菓株式会社を創業します。
佐久間製菓株式会社とサクマ製菓株式会社の両社は「サクマ式ドロップス」商標をめぐって法廷で争いましたが、「サクマ式ドロップス」の商標は佐久間製菓株式会社に認められ、サクマ製菓株式会社の製品は「サクマドロップス」という商品名になりました。

いちごみるく

なお、佐久間製菓株式会社の主力商品は現在も「サクマ式ドロップス」ですが、サクマ製菓株式会社はイチゴ果汁入りのキャンディ「いちごみるく」が主力商品となっています。


■ Wikipedia サクマ式ドロップス
■ Wikipedia 佐久間製菓
■ Wikipedia サクマ製菓
■ 佐久間製菓株式会社公式 サクマ式ドロップスの歴史
■ サクマ製菓株式会社 商品情報 缶入りドロップス
■ サクマ製菓株式会社 商品情報 いちごみるく

「サクマ式ドロップス」…佐久間製菓のキャンディの商品名で登録商標
「サクマドロップス」…サクマ製菓のキャンディの商品名

「サクマ式ドロップス」と「サクマドロップス」の違いは?
Tagged on: