スパイスハーブに、それぞれ明確な定義はありませんが、一般的には以下のように区別されることが多いです。

「スパイス」とは、料理において、食材に独特の芳香辛味、色付けをする「調味料」のひとつで、日本語では「香辛料」といいます。
植物種子地下茎などを、そのまま、あるいは乾燥させる、粉砕するなどの加工を施して使用するものが多いです。
クミンターメリックサフランチリペッパーオレガノなど様々な「スパイス」があります。
スパイス

「ハーブ」とは、料理において、食材に独特の芳香や苦味薬草としての薬効を加える「調味料」のひとつで、日本語では「香草」や「薬草」といいます。
草本植物など緑色の部分を使い、そのまま、あるいは乾燥させる、粉砕するなどの加工を施して使用するものが多いです。
ミントバジルパセリレモングラスカモミールローズマリーセージタイムなど様々な「ハーブ」があります。

ハーブ

同じ植物でも種子の部分を乾燥させた「スパイス」を「コリアンダー」、生葉を「ハーブ」として「パクチー」と呼び分ける場合もあります。


■ Wikipedia 香辛料
■ Wikipedia ハーブ

「スパイス」…おもに植物の実や種子、地下茎などから作られる「香辛料」
「ハーブ」…おもに草本植物の葉や茎など緑色の部分から作られる「香草」

「スパイス」と「ハーブ」の違いは?
Tagged on: