ビール

ビール発泡酒新ジャンル(第3のビール)」と様々なお酒が出てきていますが、どのような違いがあり、どのように分類されているのかご存知でしょうか。

「ビール」は、麦芽が3分の2以上使用されており、副原料が政令によってい認められている原料(芽、麦、ホップ、米、とうもろこし、でんぷん等)を使用しているものを言います。
アイスクリームやバターなどと同じように、この規定をクリアしていないものは「ビール」と名乗ることができません。

「発泡酒」は、麦芽使用率が3分の2未満で、副原料が政令によって認められていない原料を使用しているものを言います。
主原料の麦芽量を減らすことで「ビール」に比べて安価で提供することができます。

「新ジャンル(第3のビール)」は、麦芽使用量が25%未満で、副原料が政令によって認められていない原料を使用しているものを言います。
麦芽使用率が少ないため、酒税法上では「その他の醸造酒」または、「リキュール」に分類されています。
麦芽をほとんど使用していないのに「ビール」の味をしっかりと再現できるのは、各企業の今まで培ってきた技術と努力のおかげと言えます。


■ Wikipedia ビール
■ Wikipedia 発泡酒
■ Wikipedia 第三のビール

「ビール」と「発泡酒」と「新ジャンル(第3のビール)」の違いは麦芽使用率と、副原料の違い

「ビール」と「発泡酒」「新ジャンル(第3のビール)」の違いは?
Tagged on: