ちらし寿司とは、容器に盛り付けた酢飯の上に具材を乗せる寿司の一種で、ネタを握らずに「散らす」ことから「ちらし寿司」や「ちらし」と呼ばれています。
江戸前寿司における「ちらし寿司」は、酢飯の上にマグロホタテサケイカエビタコイクラなどの魚介類を並べて盛りつけたものを指すことが多く、関東「ちらし寿司」といえば江戸前寿司の「ちらし寿司」を指すのが一般的です。
ちらし寿司

なお、酢飯ではないご飯を用いたものは「海鮮丼」と呼ばれます。

五目寿司とは、酢飯に調味した椎茸かんぴょうニンジンレンコンなどの具材を混ぜ、錦糸玉子、焼穴子、エビなどを盛り付けた寿司の一種です。
岡山県発祥の「ばら寿司」がルーツとされていますが、地域や家庭によって多種多様な具材やバリエーションがあり、呼称も「五目ちらし」「混ぜ寿司」「ばらチラシ」など様々です。
食品メーカーの永谷園が販売する「五目寿司」レトルトパウチ食品「すし太郎」のCMにおいて「ちらし寿司ならちょいとすし太郎、あったかご飯に混ぜるだけ」というフレーズを用いていたため「五目寿司」をはじめとしたこれらの寿司を「ちらし寿司」と呼ぶこともあります。
五目寿司

梅の節句「ひなまつり」で作られる「ちらし寿司」は、「五目寿司」をベースにしたものが多いといえます。


■ Wikipedia ちらし寿司
■ 永谷園 公式 すし太郎

「ちらし寿司」…酢飯の上に魚介類を並べて盛りつけた寿司の一種
「五目寿司」…酢飯に調味した具材を混ぜ、錦糸玉子、焼穴子、エビなどを盛り付けた寿司の一種

「ちらし寿司」と「五目寿司」の違いは?
Tagged on: