コーングリッツコーンミールコーンフラワーは、いずれもトウモロコシから作られる穀粉で、大きな違いは粒度です。

「コーングリッツ」とは、トウモロコシの種皮胚芽を除去し、胚乳を粉砕したもので、最も粗い粉になります。
フライパン粉代わりやイングリッシュマフィントッピングコーンフレークの原料、ビール焼酎などの醸造用などが主な用途です。
コーングリッツ

「コーンミール」とは、トウモロコシの種皮と胚芽を除去し、胚乳を粉砕したもので、「コーングリッツ」よりも細かく、「コーンフラワー」よりも粗い粉です。
小麦粉を配合してアメリカンマフィンにしたり、トルティーヤ、アメリカンドッグ、コーンケーキの原料、ピザやパンを型から外す離型剤としてや、「コーングリッツ」と同じくイングリッシュマフィンのトッピングにも用いられます。
コーンミール

「コーンフラワー」とは、トウモロコシの種皮と胚芽を除去し、胚乳を製粉したもので、「コーンミール」より細かい粉です。
スコーンやコーンブレッドにしたり、フライドチキン粉、唐揚げ粉、天ぷら粉などの粉末製品、お好み焼きたこ焼きドーナツホットケーキ、トルティーヤ等のプレミックス製品の原料に用いられます。
コーンフラワー

なお、トウモロコシの胚乳を精製しタンパク質食物繊維を取り除いたデンプンの粉は「コーンスターチ」、トウモロコシの種皮を挽いて粉末にしたものは「コーンブラン」といいます。


■ Wikipedia コーングリッツ
■ Wikipedia コーンミール
■ Wikipedia コーンフラワー
■ Wikipedia コーンスターチ

「コーングリッツ」…トウモロコシの胚乳を粉砕した粗い穀粉
「コーンミール」…コーングリッツより細かく、コーンフラワーより粗いトウモロコシ粉末
「コーンフラワー」…コーンミールより細かいトウモロコシ粉末

「コーングリッツ」と「コーンミール」「コーンフラワー」の違いは?

One thought on “「コーングリッツ」と「コーンミール」「コーンフラワー」の違いは?

Comments are closed.