トルティーヤとは、メキシコ料理における主食で、トウモロコシに水とを加え薄く円形に伸ばして焼いたものです。
小麦粉を混合して作るものや、小麦粉のみで作った「トルティーヤ」もあり、トウモロコシの粉で作ったものを「コーントルティーヤ」、小麦粉で作ったものを「フラワートルティーヤ」と呼び分けることもあります。

トルティーヤ

タコスとは、メキシコ料理テクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)を代表する料理のひとつで、野菜などの具材「トルティーヤ」に乗せたり、二つ折りにして挟んだり、巻いたりして食べる軽食ファストフードです。
「タコス」の具材は、牛肉豚肉鶏肉などの挽肉やサイコロ状にしたもの、エビなどの魚介類レタストマト玉ねぎなどの野菜、アボカドなどの果物、ワカモレなどのサルサチーズ、チリコンカンなど多岐にわたり、日本においては牛挽肉を炒め調味したタコミートと呼ばれる具材、細切りレタス、サルサを二つ折りにしたコーントルティーヤで挟んだものが一般的です。
テクス・メクス料理では、U字型にした「トルティーヤ」を油で揚げたハードシェルを用いた「ハードタコ」と呼ばれるものが主流です。
なお、「タコス」は、スペイン語 “taco” の複数形で、本来単体のものや店舗名を指す場合「タコ」になりますが、複数形と単数形の区別がない日本においては「凧」や「蛸」と紛らわしいこともあり、ひとつでも「タコス」と呼ぶことがほとんどです。

タコス

メキシコ料理、テクス・メクス料理で、「タコス」同様「トルティーヤ」で具材を包んだ「ブリトー(ブリート)」という料理もありますが、「タコス」と比べて大きいことが多く、フラワートルティーヤで包むように巻いてあるものが一般的です。


■ Wikipedia トルティーヤ
■ Wikipedia タコス

「トルティーヤ」…トウモロコシの粉や小麦粉に水と塩を加え薄く円形に伸ばして焼いたもの
「タコス」…肉や野菜などの具材をトルティーヤに乗せる、挟む、巻くなどして食べる軽食

「トルティーヤ」と「タコス」の違いは?
Tagged on: