パスタとは、イタリア料理の主食のひとつで、小麦粉を主原料に水やを加えて練り、成型した食品の総称です。
パスタ

「パスタ」には、筒状に成型されたマカロニやペンネ、らせん状のフジッリ、貝殻形状のコンキリエなど小型のショートパスタ、平のタリアテッレやフェットチーネ、極細のカペッリーニ、楕円形の断面をしたリングイネなど麺状のロングパスタ、他に板状のラザニアジャガイモと一緒に練ったニョッキ、詰め物の入ったラヴィオリなど、様々な形状で数多くの種類があります。
ホウレンソウトマト唐辛子イカ墨などを練りこんだものもあり、イタリアでは「パスタ」の種類は600種類以上あるといわれています。
多くの「パスタ」は、乾燥したものが製品として市販されていますが、乾燥させない「生パスタ」もあり、生パスタにはが練りこまれることが多いです。

スパゲッティとは、「パスタ」の一種で、直径2mm弱の円形の断面をした、長さ25cm前後の棒状のロングパスタです。
直径1.6mm前後の細めのものを「スパゲッティーニ」、直径2mm以上の太めのものを「スパゲットーニ」と呼びますが、JAS規格ではこれらも含めた「1.2mm以上の太さの棒状又は2.5mm未満の太さの管状に成形したもの。」を「スパゲッティ」と定義しています。
スパゲッティ

日本では、最も一般的な「パスタ」といえる「スパゲッティ」を用いた「パスタ料理」のみを指して「パスタ」ということもありますが、「パスタ」は、日本語で言うところの「麺類」に近い意味を持つ単語で、「スパゲッティ」と同義語ではありません。


■ Wikipedia パスタ
■ Wikipedia スパゲッティ

「パスタ」…小麦粉に水や塩を加えて練り、成型した食品の総称
「スパゲッティ」…パスタの一種で、直径2mm弱、長さ25cm前後のロングパスタ

「パスタ」と「スパゲッティ」の違いは?
Tagged on: