台湾ラーメンとは、愛知県名古屋市にある台湾料理店「味仙」で考案されたといわれる麺料理で、ガラスープに麺を入れ、豚挽肉ニラモヤシトウガラシなどをごま油で炒めた具材を乗せたものが一般的です。
「台湾ラーメン」は、中華民国台南市発祥の麺料理「担仔麺(たんつーめん)」をベースに、アレンジを加えたとされています。

台湾ラーメン

ベトコンラーメンとは、愛知県一宮市にある中華料理店「新京」で考案されたといわれる麺料理で、鶏ガラと豚骨のスープに麺を入れ、ニンニク、ニラ、モヤシを一味唐辛子とともに炒めた具材を乗せたものが一般的です。
「ベトコンラーメン」の名称の由来は諸説あり、ベトナム戦争におけるベトナムコンサン(南ベトナム解放民族戦線)、通称「ベトコン」の勇敢なイメージから名付けられたとする説が有力ですが、元祖とされる「新京」では、戦争と食品を結び付けること自体イメージに良くないとして、公式サイトなどでも「ベストコンディションラーメンの略」と説明しています。

ベトコンラーメン

「台湾ラーメン」「ベトコンラーメン」ともに愛知県発祥で、具材も似ていることから混同されることもありますが、「台湾ラーメン」の最大の特徴といえる挽肉は、「ベトコンラーメン」では使われないことが多く、具材のメインは丸ごと、あるいは大きめに切ったニンニクになります。


■ Wikipedia 台湾ラーメン
■ Wikipedia ベトコンラーメン
■ Wikipedia 南ベトナム解放民族戦線
■ 公式 ベトコンラーメン発祥の店「新京」

「台湾ラーメン」…台湾料理店「味仙」で考案されたといわれる麺料理
「ベトコンラーメン」…中華料理店「新京」で考案されたといわれる麺料理

「台湾ラーメン」と「ベトコンラーメン」の違いは?
Tagged on: