チゲとは、一人用の小さいで、野菜魚介類豆腐などを煮込んだ朝鮮半島鍋料理の総称です。
「チゲ」には、「豆腐チゲ」や「海鮮チゲ」など様々な種類がありますが、キムチを主体に、肉、魚介類などを入れ、コチュジャン唐辛子で味付けされた「キムチチゲ」が最も一般的で、日本においては単に「チゲ」といった場合「キムチチゲ」を指すことが多いです。
キムチチゲ

なお、「チゲ」自体が「鍋物」という意味のため、料理を指して「チゲ鍋」とするのは誤用ですが、「チゲ」に用いる「トゥッペギ」と呼ばれる小鍋を指して「チゲ鍋」と呼ぶ場合があります。

キムチ鍋とは、キムチを主体に、肉、魚介類、豆腐などを煮込んだ鍋料理のことです。
「キムチチゲ」を日本語にすると「キムチ鍋」になり、本来同一のものを指します。

キムチチゲ

しかし、「チゲ」が一人用小鍋で提供されることが一般的であるのに対し、「キムチ鍋」は、大きな鍋で作られることが多く、日本の鍋料理風にアレンジされたものを指すことが多いといえます。
つまり、「キムチ鍋」は「日本風キムチチゲ」といえます。


■ Wikipedia チゲ
■ Wikipedia キムチチゲ

「チゲ」…一人用の小さい鍋で、野菜や肉、魚介類、豆腐などを煮込んだ朝鮮半島の鍋料理
「キムチ鍋」…日本風キムチチゲ

「チゲ」と「キムチ鍋」の違いは?
Tagged on: