スパークリングワインとは、3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称です。
3気圧以下のものは「弱発泡性ワイン」に分類されます。
「スパークリングワイン」には、内やタンク内で二次発酵させて炭酸ガス発生させたものと、人工的に炭酸ガスを注入した炭酸ワインがあります。

スパークリングワイン

シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方で、決められた製法で生産された「スパークリングワイン」で、原産地呼称統制法(AOC)によって定められた条件を満たしたもののみが使用できる名称です。
「シャンパン」は、シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏で生産された特定品種ブドウのみを用いたベースワインに酵母シロップを加え、瓶内で二次発酵させる製法で製造され、最低15カ月以上の熟成を経ないと出荷できません。
瓶内二次発酵方式は、「シャンパン」を発明したといわれるドン・ペリニヨン神父が確立したとされています。

シャンパン

「シャンパン」フランス語で “Champagne” と書き、カタカナでは「シャンペン」や「シャンパーニュ」と表記されることもあります。
日本においては、かつて「シャンパン」に似せたノンアルコール炭酸飲料が「ソフトシャンパン」の名称で発売されていましたが、フランス政府からの申し入れにより「シャンメリー」に改称したという経緯があります。
なお、「シャンメリー」の名称は「シャンパン」の「シャン」とメリークリスマスの「メリー」をあわせた造語です。


■ Wikipedia スパークリングワイン
■ Wikipedia シャンパン

「スパークリングワイン」…3気圧以上のガス圧を持った発泡性ワインの総称
「シャンパン」…シャンパーニュ地方で、決められた製法で生産されたスパークリングワイン

「スパークリングワイン」と「シャンパン」の違いは?
Tagged on: