フィギュアスケートジャンプは、難易度の高い順にアクセルルッツフリップループサルコウトゥループの6種類があります。
6種類のジャンプは、滑走でそのまま踏み切る「エッジジャンプ」と、滑走の脚と踏み切る脚が違う「トゥジャンプ」に大別されます。

利き脚が右の場合(空中での回転方向が反時計回りの場合)、6種類のジャンプはそれぞれ以下のようになります。

「アクセル」とは、左脚で前向きに滑り、そのまま左アウトサイドエッジ(小指側)で踏み切るエッジジャンプです。
「アクセル」の基礎は、1回転1.1点、2回転3.3点、3回転8.5点、4回転15.0点で最高難度のジャンプです。

「ルッツ」とは、アウトサイドエッジ(小指側)に重心をかけて左脚で後向きに滑り、左脚の後方に右足トゥピック(つま先)を突いて跳ぶトゥジャンプです。
「ルッツ」の基礎点は、1回転0.6点、2回転2.1点、3回転6.0点、4回転13.6点で高難度のジャンプです。

「フリップ」とは、インサイドエッジ(親指側)に重心をかけて左脚で後向きに滑り、左脚の横に右足トゥピック(つま先)を突いて跳ぶトゥジャンプです。
「フリップ」の基礎点は、1回転0.5点、2回転1.9点、3回転5.3点、4回転12.3点で中高難度のジャンプです。

「ループ」とは、右脚で後向きに滑り、そのまま右足アウトサイドエッジ(小指側)で踏み切るエッジジャンプです。
「ループ」の基礎点は、1回転0.5点、2回転1.8点、3回転5.1点、4回転12.0点で中難度のジャンプです。

「サルコウ」とは、左脚で後向きに滑り、そのまま左足インサイドエッジ(親指側)で踏み切るエッジジャンプです。
「サルコウ」の基礎点は、1回転0.4点、2回転1.3点、3回転4.4点、4回転10.5点で低難度のジャンプです。

「トゥループ」とは、右脚で後向きに滑り、右脚のアウトサイドエッジ(小指側)に左足トゥピック(つま先)を突いて跳ぶトゥジャンプです。
「トゥループ」の基礎点は、1回転0.4点、2回転1.3点、3回転4.3点、4回転10.3点で最低難度のジャンプです。

 難易度進入滑走脚踏切脚着氷脚ジャンプの種類
アクセル最高前向エッジ
ルッツ後向トゥ
フリップ中高後向トゥ
ループ後向エッジ
サルコウ後向エッジ
トゥループ最低後向トゥ

「アクセル」は、唯一前向きでジャンプするため、半回転余分に回転する必要があり、例えば3回転のトリプルアクセルも厳密には3回転半のジャンプになります。

「ルッツ」「フリップ」は、滑走脚、踏切脚、着氷脚がすべて同じで、特に区別がつきにくいジャンプとされています。
見分け方としては、助走の時点で後ろ向きに滑っていれば「ルッツ」、前向きに助走をしてジャンプの直前で反転すれば「フリップ」である場合がほとんどです。

また、すべてのジャンプが着氷脚が右脚になるため、連続ジャンプのセカンドジャンプ、サードジャンプは、右脚で滑る「ループ」「トゥループ」のいずれかに限定されます。

なお、国際スケート連盟の公式競技会においては、「ループ」より上の難易度のジャンプで4回転を成功させた選手はまだいません。


■ Wikipedia ジャンプ (フィギュアスケート)
■ Wikipedia アクセルジャンプ
■ Wikipedia ルッツジャンプ
■ Wikipedia フリップジャンプ
■ Wikipedia ループジャンプ
■ Wikipedia サルコウジャンプ
■ Wikipedia トウループジャンプ

「アクセル」…左脚で前向きに滑り、左足小指側で踏み切るエッジジャンプ
「ルッツ」…小指側に重心をかけて左脚で後向きに滑り、右足つま先で跳ぶトゥジャンプ
「フリップ」…親指側に重心をかけて左脚で後向きに滑り、右足つま先で跳ぶトゥジャンプ
「ループ」…右脚で後向きに滑り、右足小指側で踏み切るエッジジャンプ
「サルコウ」…左脚で後向きに滑り、左足親指側で踏み切るエッジジャンプ
「トゥループ」…右脚で後向きに滑り、左足つま先で跳ぶトゥジャンプ

「アクセル」と「ルッツ」「フリップ」「ループ」「サルコウ」「トゥループ」の違いは?
Tagged on: