バジルバジリコは、結論からいうと同じものを指します。
シソ科メボウキ属の多年草で、熱帯アジア原産香草で、イタリア料理にはかかせないハーブといえます。

英語では “Basil” と書き「バジル」と読み、イタリア語では “Basilico” と書き「バジリコ」と読みます。
「バジル」「バジリコ」に厳密な使い分けの定義は存在しませんが、「スイートバジル」「ジェノベーゼバジル」「レモンバジル」など、植物そのものの品種名に「バジル」を用いることが多いため、日本においては生葉のものを「バジル」、乾燥したハーブを「バジリコ」と呼び分ける場合もあります。

イタリア北西部の都市「ジェノヴァ」発祥のソースで「バジリコ」と松の実、ニンニク、パルメザンチーズオリーブオイルなどを材料として作る「ペスト・ジェノヴェーゼ」が有名です。
日本ではこの「ペスト・ジェノヴェーゼ」を用いたスパゲッティを「バジリコスパゲッティ」と呼ぶことが多く、地名の「ジェノヴァ」が「バジリコ」「バジル」と同様にハーブのことを指して使われることがありますが、これは誤用です。


■ Wikipedia バジリコ

「バジル」は英語、「バジリコ」はイタリア語で、同じシソ科メボウキ属の香草

「バジル」と「バジリコ」の違いは?
Tagged on: