炊き込みご飯とは、出汁調味料具材と共に炊き込んだ料理の総称です。
家庭料理における「炊き込みご飯」は、うるち米と細かく刻んだ鶏肉ニンジンレンコン油揚げしめじなどの具材を、昆布カツオでとった和風出汁、醤油などで調味して炊くものが一般的で、地域によっては「五目ごはん」「加薬ごはん」「味ごはん」「ごもくめし」「かやくめし」「あじめし」などと呼ばれることもあります。
炊き込みご飯

そのほか代表的な「炊き込みご飯」には、マツタケごはん、ごはん、タケノコごはん、ごはん、鶏飯、飯などがあります。

おこわとは、おもにもち米を蒸した料理の総称です。
「おこわ」は、漢字で「御強」と書き、「蒸籠(せいろ)で蒸して作られた硬いご飯」を指す「強飯(こわいい)」に「お」をつけて略した女房言葉で、「釜で炊いた柔らかいご飯」である「姫飯(ひめいい)」の対義語です。
本来、調理方法で分類されているため、もち米に限らず、うるち米のみでも「蒸して」作られたものであれば「おこわ」といえますが、一般的には、蒸す、炊くという調理方法ではなく、材料にもち米のみ、またはもち米にうるち米を混ぜて作られたものを指して「おこわ」と呼ぶことが多いです。
家庭料理における「おこわ」は、もち米と下茹でした小豆を、小豆の煮汁で赤く着色した「赤飯おこわ」が一般的で、単に「おこわ」といった場合「赤飯」のことを指すときもあります。
赤飯おこわ

そのほか代表的な「おこわ」には、栗おこわ、山菜おこわ、鶏おこわ、五目おこわなどがあります。


■ Wikipedia 炊き込みご飯
■ Wikipedia おこわ

「炊き込みご飯」…米を出汁や調味料、具材と共に炊き込んだ料理
「おこわ」…おもにもち米を蒸した料理

「炊き込みご飯」と「おこわ」の違いは?
Tagged on: