ニット製品

毛布やニット系の洋服を選ぶ際によく見かけるポリエステルアクリルですが、ともにウールに似た風合いがあるのは分かりますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。

「ポリエステル」は、耐久性に優れている非常に強い繊維です。
乾きが早く、しわになりにくく、縮みにくい繊維ですので、洗ったあとノンアイロンで着用できるというメリットがあります。
ただし、天然繊維(ウール)に比べ熱による影響を受けやすいため、高温のものに直接触れると溶けてしまうことがあります。

「アクリル」は、やわらかく保温性のある繊維です。
肌触りや暖かさは、天然繊維(ウール)に最も近い合成繊維です。
「ポリエステル」に比べ、耐光性に優れていますが、ニット製品においては伸びやすい繊維ですので、収納時はたたんで保管するなどの注意が必要です。
「ポリエステル」「アクリル」も天然繊維に比べて毛玉が発生しやすいです。


■ Wikipedia ポリエステル
■ Wikipedia アクリル

「ポリエステル」は耐久性に非常に優れた強い繊維、「アクリル」は保温性のある天然繊維に最も近い合成繊維

「ポリエステル」と「アクリル」の違いは?
Tagged on: