地域地帯を指す言葉としての熱帯雨林ジャングルは、一般的にほぼ同義語として使用されていますが、厳密には以下の違いがあります。

熱帯林」とは、正式には植物生態学上「熱帯多雨林」と呼ばれ、年間を通して温暖赤道付近の「熱帯」において、年間2,000mm以上の降水量がある地域にある、森林地帯のことを指します。
「熱帯雨林」は、「熱帯降雨林」と呼ばれることもあり、英語では “Tropical rainforest” や “Rainforest” になります。

一方「ジャングル」とは、森林の中でも特に樹木植物が密集した「密林」を指す総称です。
「ジャングル」「熱帯雨林」とほぼ同義語として使われているものの、「温帯雨林」などの「熱帯」以外にある密林を指して「ジャングル」と呼ぶこともあり、より広範囲を指す語になります。

また、「ジャングル」には、ビルの林立する都会を「コンクリートジャングル」と表現するなど「密集した・入り組んだ」という意味で使用されることも多く、厳密には完全に同一のものとはいえません。


■ Wikipedia 熱帯雨林
■ Wikipedia ジャングル

「熱帯雨林」…熱帯で年間2,000mm以上の降水量がある森林地帯
「ジャングル」…森林の中で特に樹木や植物が密集した密林を指す総称

「熱帯雨林」と「ジャングル」の違いは?
Tagged on: