廃墟

廃墟とは、「はいきょ」と読み、放置されて荒れ果てた状態になった建築物施設集落などの総称です。
長期間使用されてない建築物や、たとえ廃業廃止された施設でも、適切な維持管理がされているものは「廃墟」にはあたりません。

廃屋とは、「はいおく」と読み、住人がおらず、適切な維持管理がされていない民家のことを指します。
「廃屋」は「廃家(はいか)」ともいい、「廃墟」の中でも特に、放置されて荒れ果てた状態になった家屋、民家のみを指す個別の呼称です。

廃屋

「廃墟」には、「廃屋」以外にも、学校の場合「廃校」、工場なら「廃工場」、病院は「廃病院」、集落からすべての住民がいなくなった地区を「廃村」、使われなくなり朽ち果てた道を「廃道」と呼ぶなど、施設による個別の呼称が使われることも多いといえます。

なお、歴史的、文化的な価値が認められた建造物などは、ほとんどの場合維持管理されているため「廃墟」にはあたらず、「遺跡」と呼ばれます。


■ Wikipedia 廃墟
■ goo辞書 廃屋

「廃墟」…放置されて荒れ果てた状態になった建築物や施設、集落などの総称
「廃屋」…住人がおらず、適切な維持管理がされていない民家

「廃墟」と「廃屋」の違いは?
Tagged on: