ワインビネガーバルサミコ酢は、いずれも原料がブドウ果実です。

「ワインビネガー」はブドウの果汁に酵母を加えアルコール発酵させた後、酢酸菌を添加して発酵させて作った醸造酢です。
あっさりしたさわやかな酸味と、フルーティーな香りが特徴の「ワインビネガー」は、サラダマリネをはじめ様々な料理に使用されます。
ワインビネガー

「バルサミコ酢」とは、伝統的な熟成製法で作られた黒褐色の醸造酢のことで、複雑な芳香と濃厚で甘酸っぱい味が特徴です。
本来は、北イタリアのエミリア・ロマーニャ州のモデナ地区、レッジョ・エミリア地区で製造されたもののみを指し、本場イタリアではDOPという制度により指定された「トラディツィオナーレ」と呼ばれるものが最高級の「バルサミコ酢」とされています。
主にトレッビアーノ種のブドウの果汁を煮つめて濃縮し、水分の蒸発に合わせ樽を小さく、また材質をクルミ、カシ、クリ、サクラなどに替えながら最低12年熟成させるという独特の製法で、これにより複雑な芳香や濃厚な風味が生まれます。
バルサミコ酢

しかし、伝統的な生産方法による「バルサミコ酢」は高価なため、ブドウ酢に着色料香料カラメルなどを添加・調味し、「バルサミコ酢」に近づけた普及品も市場には出回っています。


■ Wikipedia 酢
■ Wikipedia バルサミコ酢

「ワインビネガー」ブドウ果汁に酵母を加えアルコール発酵させた後、酢酸菌を添加して発酵させて作った醸造酢
「バルサミコ酢」モデナ地区、レッジョ・エミリア地区で伝統的な熟成製法によって製造された醸造酢

「ワインビネガー」と「バルサミコ酢」の違いは?
Tagged on: