皮下脂肪内臓脂肪は、どちらも体内にエネルギーを貯蔵しておくという重要な役割を持つ体脂肪です。

「皮下脂肪は、腰まわり、おしり、太ももなど皮膚の下に蓄積する体脂肪で、体温の保持や外からの衝撃をやわらげるクッションの役割を果たします。
長期的なエネルギーの備蓄や放出に対応しており、食事制限などのダイエットでは減りにくい特徴があります。
「皮下脂肪」は、体の表面に近い部分にあるため外見的な影響が大きく、洋ナシ型のたるんだ体型になるのは、「皮下脂肪」によるものといえます。

内臓脂肪」は、内臓のまわりの腸間膜に蓄積する体脂肪で、内臓を正しい位置に保つ役割を果たします。
エネルギーの一時的な貯蔵に対応しているため代謝が早く、蓄積もしやすいですが、食事制限や運動を心がけるだけで減りやすいという特徴があります。
「内臓脂肪」は、外見からはわかりにくい一方で、糖尿病、高脂血症、高血圧症など生活習慣病の発症や、動脈硬化性疾患に深く関係しているといわれています。

ダイエットにおいては「皮下脂肪」は筋トレやマッサージ「内臓脂肪」は有酸素運動や炭水化物の摂取量を減らすことが効果的とされています。


■ Wikipedia 脂肪

「皮下脂肪」皮膚の下に蓄積する減りにくい体脂肪で、ダイエットでは筋トレやマッサージが効果的
「内臓脂肪」内臓のまわりに蓄積する減りやすい体脂肪で、ダイエットでは有酸素運動や炭水化物を減らすことが効果的

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の違いは?
Tagged on: