飲食店美容室などを開業するにあたり賃貸テナントを探すと、スケルトン居抜きといった表現で内部の状態を表現してある物件が多くあります。

「スケルトン」の物件とは、室内が建物躯体のみで内装設備等がない状態の物件のことをいいます。
スケルトン

「居抜き」の物件とは、前テナントが使用していた内装設備や什器等が残っている物件のことをいいます。
内装設備や什器は状態にもよりますが、全オーナーや権利者から比較的安価で、場合によっては無料で譲り受けられる場合もあり、同業種・同業態を営業する場合は厨房機器や内装の流用で初期投資を抑えることができる場合が多いです。
しかし、全く別業態の場合は撤去解体費用などの余計なコストが発生します。

居抜き

逆に「スケルトン」の物件の場合、一般的には内装、設備を一から設計施工しなくてはいけないため費用も工期もかかります。
また「スケルトン」の場合、多くはテナント契約を解除する際に、内装をすべて撤去して再度「スケルトン」の状態にして退去しなくてはならない事が多いので、契約時には注意が必要です。
しかし、「居抜き」と比較して、内装や配置など、設計の自由度は高いといえます。


■ Wikipedia テナント

「スケルトン」室内が建物躯体のみで内装設備等がない状態の物件
「居抜き」前テナントが使用していた内装設備や什器等が残っている物件

「スケルトン」と「居抜き」の違いは?
Tagged on: