日本において「ワニ(鰐)」と呼ばれる生物は、肉食性で水中生活に適応したワニ目の爬虫類の総称です。
ワニ目は、クロコダイルアリゲーターガビアル」の3つの科に分類されます。

「クロコダイル」の代表種はイリエワニやナイルワニといった大型の種で、「ワニ」の中でも最も獰猛な種類とされています。
河川池沼湿原などの淡水域だけでなく、種によっては汽水域や海洋にも生息し、アフリカ大陸オーストラリア大陸北部、南北アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアキューバジャマイカドミニカ共和国ハイチパプアニューギニアフィリピンマダガスカル西部などの世界各地に分布しています。
クロコダイル
日本で単に「ワニ」といってイメージされるのはほとんどがこの「クロコダイル」の種類で、人や家畜を襲う「人喰いワニ」とされるのも「クロコダイル」です。

「アリゲーター」の代表種はミシシッピワニとも呼ばれるアメリカアリゲーターで、「クロコダイル」の構成種と比較すると温和な種類といえます。
河川や湖、池沼、湿地などの淡水域に生息し、南北アメリカ大陸、中華人民共和国の長江下流域に分布しています。
アリゲーター

「クロコダイル」「アリゲーター」の外見上の最大の違いは頭部で、「クロコダイル」はV字型に先端が尖った口を持っていますが、「アリゲーター」はU字型に丸くなっています。
もうひとつの科である「ガビアル」はインドガビアル1種のみで、を捕らえるのに適した細長い口が特徴です。
ガビアル

また、「クロコダイル」の鱗板には熱感知器官があり、温度変化に敏感に反応します。
ワニ革ハンドバッグベルトなど、皮革としての価値は「クロコダイル」のほうが高い場合が多く、「クロコダイル」にしかないこの器官を「穿孔(ピット)」と呼び「アリゲーター」や「ガビアル」との区別に利用することが多いです。


■ Wikipedia ワニ
■ Wikipedia クロコダイル科
■ Wikipedia アリゲーター科

「クロコダイル」ワニ目の科のひとつで、V字型の頭部を持ち大型で獰猛な種が多い
「アリゲーター」ワニ目の科のひとつで、U字型の頭部を持ち比較的温和な種が多い

「クロコダイル」と「アリゲーター」の違いは?
Tagged on:                                                                                                                                             

One thought on “「クロコダイル」と「アリゲーター」の違いは?

Comments are closed.