天気予報メディアなどでの強さや降り方を表現する気象用語は、気象庁で以下のように決められています。

やや強い雨は1時間雨量が10mm以上20mm未満で、地面からの跳ね返りで足元がぬれ、屋内では雨の音で話し声が良く聞き取れない、屋外では地面一面に水たまりができる雨で、「ザーザーと降る雨」とされています。

強い雨は1時間雨量が20mm以上30mm未満で、をさしていてもぬれる、屋内では寝ている人の半数くらいが雨に気がつく、屋外では地面一面に水たまりができる雨で、「どしゃ降りの雨」とされています。

激しい雨は1時間雨量が30mm以上50mm未満で、傘をさしていてもぬれる、屋内では寝ている人の半数くらいが雨に気がつく、屋外では道路のようになる、「バケツをひっくり返したように降る雨」とされています。

非常に激しい雨は1時間雨量が50mm以上80mm未満で、傘は全く役に立たなくなる、屋内では寝ている人の半数くらいが雨に気がつく、屋外では水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる、「滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)雨」とされています。

猛烈な雨は1時間雨量が80mm以上で、傘は全く役に立たなくなる、屋内では寝ている人の半数くらいが雨に気がつく、屋外では水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなる、「息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる雨」とされています。


■ Wikipedia 雨
■ 気象庁|予報用語 雨の強さと降り方

「やや強い雨」1時間雨量が10mm以上20mm未満の、ザーザーと降る雨
「強い雨」1時間雨量が20mm以上30mm未満の、どしゃ降りの雨
「激しい雨」1時間雨量が30mm以上50mm未満の、バケツをひっくり返したように降る雨
「非常に激しい雨」1時間雨量が50mm以上80mm未満の、滝のように降る雨
「猛烈な雨」1時間雨量が80mm以上の、息苦しくなるような圧迫感がある雨

「やや強い雨」と「強い雨」「激しい雨」「非常に激しい雨」「猛烈な雨」の違いは?
Tagged on: