ラタトゥイユカポナータは、いずれも野菜がおいしい地中海沿岸地域を発祥とする料理です。

「ラタトゥイユ」ズッキーニを中心とした野菜を炒めて煮込んだ料理で、プロヴァンス地方ニースが発祥とされるフランス料理です。
「ラタトゥイユ」の一般的な調理方法は、ズッキーニ、玉ねぎナスピーマンなどの夏野菜をにんにくオリーブ油で炒めて、トマトを加え、オレガノバジルタイムなどの香草ワインで煮込んで作ります。
味付けは基本的にコショウのみで、ハーブが香るトマトベースの味になります。
ラタトゥイユ

「カポナータ」オリーブ油で揚げたナスを中心とした野菜を炒めて煮込んだ料理で、シチリア島ナポリが発祥とされるイタリア料理です。
「カポナータ」の一般的な調理方法は、オリーブ油でナスを素揚げし、玉ねぎ、セロリ、トマト、オリーブ、ケッパーなどの野菜とともオリーブ油で炒めて、砂糖で調味した白ワインビネガーで煮込んで作ります。
砂糖とで煮込むため、甘酸っぱい味付けになります。
カポナータ


■ Wikipedia ラタトゥイユ
■ Wikipedia カポナータ

「ラタトゥイユ」ズッキーニを中心とした野菜を炒めて煮込んだフランス料理
「カポナータ」揚げたナスを中心とした野菜を炒めて煮込んだイタリア料理

「ラタトゥイユ」と「カポナータ」の違いは?
Tagged on:                                                                                                                                     

One thought on “「ラタトゥイユ」と「カポナータ」の違いは?

Comments are closed.