アルフレッド・ヒッチコック

映画テレビドラマでよく見かける特別出演友情出演
意外と知らない違いについてご説明いたします。

「特別出演」とは、主役級の大物俳優女優にちょっとしたわき役で出演してもらう場合、納得して出演してもらうためにつける名称です。
大物俳優・女優は、主演でなくてそれなりの出番がないと出演交渉も難しいのですが、製作側としては、用意できる役が必ず俳優側が希望するものと合うとは限りません。
このような場合に「特別出演」という言葉を使い、本来であればお願いできないようなわき役を演じてもらいます。
さらにキャストロールでは、通常、主役が1番最初で、準主役や重要な役を演じている役者は1番最後に名前が流れます。
その中間は、役柄や役者の格付けなどによって作られています。
「特別出演」としてほんの少しの場面で出てもらうような場合には、キャストロールで良い位置に名前を出せない代わりに「特別出演」という言葉をつけています。
以前は出演料も多めに支払われていたようですが、最近ではそれほどでもないようです。

「友情出演」とは、監督やスタッフ、出演者の知り合いの役者がほんのちょっとわき役で出演する場合につける名称です。
わき役だけでなく、ごくまれに重要な役で出演する場合もあります。
また、出演料に関しては、ほんの少しであったりノーギャラでの出演ということもあります。


■ Wikipedia カメオ出演

「特別出演」は大物俳優・女優にわき役で出演してもらうための名称、「友情出演」は監督等の知り合いの役者がお友達価格で出演する際の名称

「特別出演」と「友情出演」の違いは?
Tagged on: