太陽の周りを公転している地球と、地球の周りを公転しているが、一直線に並んだ時に起きる現象日食と、月食は、近年では天文データから発生日時も計算され、天文ショーとして話題になることも少なくありません。

「日食」は、地球、月、太陽の順で一直線に並んだ時に起きる現象で、太陽と地球の間に月が入ることによって、太陽の全部または一部が月によって隠され、月の影になった地球の一部に太陽のが届かなくなる現象をいいます。
日食
一部が欠けて見える「日食」を「部分日食」、太陽が全部隠れて見えなくなる「日食」を「皆既日食」、月が太陽を隠しきれず輪のように見える「日食」を「金環日食」といいます。
月の大きさは不変ですが、月が地球の周りを公転する軌道が楕円形で、地球との距離が変わるために「皆既日食」と「金環日食」が発生します。

「月食」は、月、地球、太陽の順で一直線に並んだ時に起きる現象で、太陽の光を反射して光っている月が、地球の陰に入ることによって地球を回りこんだ弱い光のみを反射して赤く光る、または一部が欠けて見える現象をいいます。
月食
一部が欠けて見える「月食」を「部分月食」、月が赤くなる現象を「皆既月食」といいます。


■ Wikipedia 日食
■ Wikipedia 月食

「日食」月によって太陽の全部、または一部が隠され地球に光が届かなくなる現象
「月食」地球の陰に月が入り月が赤く光る、または一部が欠けて見える現象

「日食」と「月食」の違いは?
Tagged on: