ビビンバ朝鮮韓国料理で、ナムルなどの具と、コチュジャンゴマ油などの調味料を乗せたご飯を混ぜて食べる、いわば混ぜご飯です。
ビビンバ

ナムルとは、もやしワラビなどの野菜山菜野草を塩ゆでし、調味料とゴマ油であえたものです。
日本における「ビビンバ」は、焼肉店のご飯ものメニューの定番になっており、「石焼ビビンバ」など日本独自の調理方法も考案されています。
濁音半濁音の発音が紛らわしいため「ビビンパ」や「ピビンバ」と表記されていることもあります。

クッパは朝鮮・韓国料理で、スープにご飯を入れて混ぜて食べる、いわば汁ご飯、汁かけご飯です。
クッパ

日本における「クッパ」は、雑炊のようにスープと一緒にご飯を加熱調理する場合もありますが、韓国ではスープとご飯は別々で提供され、自分でスープにご飯を投入するスタイルが一般的です。


■ Wikipedia ビビンバ
■ Wikipedia クッパ (料理)

「ビビンバ」韓国料理で、ナムル、コチュジャンなどとご飯を混ぜて食べる混ぜご飯
「クッパ」韓国料理で、スープにご飯を入れて混ぜて食べる汁ご飯

「ビビンバ」と「クッパ」の違いは?
Tagged on: