株式投資における信用取引とは、証券会社などから購入資金株券を借りて売買することをいい、制度信用取引一般信用取引があります。

「制度信用取引は、日証金(日本証券金融)から株の購入資金や株券を借りておこなう取引です。

「制度信用取引」の対象銘柄は、証券取引所が一定の基準で選択した銘柄のみとなっており「信用銘柄」と「貸借銘柄」があります。

「信用銘柄」は購入資金の融資を受け「信用買い」のみが、「貸借銘柄」は株券を借りて空売りをする「信用売り」と「信用買い」の両方が出来ます。

「制度信用取引」返済期限は6ヶ月で、金利、貸株料も一律に定められています。

一方「一般信用取引」は、各証券会社から、株の購入資金や株券を借りておこなう取引です。

「一般信用取引」の対象銘柄は、各証券会社の定めたものとなっており、ほとんどの銘柄が「信用買い」の対象になっています。

また、「一般信用取引」は金利や返済期限も各証券会社が自由に設定でき、金利は「制度信用取引」より少し高め、返済期限は3年、無期限など長めに設定されていることが多くなっています。


■ Wikipedia 信用取引

「制度信用取引」は日証金から株購入資金や株券を借りて売買する株取引
「一般信用取引」は各証券会社から株購入資金や株券を借りて売買する株取引

「制度信用取引」と「一般信用取引」の違いは?
Tagged on: