日本では「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」つまり薬事法により「医薬品医薬部外品化粧品が定義されています。

「医薬品」は、「医療用医薬品」と「一般用医薬品」に分類されるヒトや動物の疾病診断治療予防を行うために与える薬品に、毒薬劇薬も含めた薬品の総称です。

「医薬品」の販売は、医師の処方が必要であったり、都道府県知事による販売業登録や、薬剤師登録販売者など店舗管理者の設定など種類により規定されています。

「医薬部外品」は、人体に対する作用が緩和なものであり、「医薬品」のように販売業の許可を必要とせず、一般小売店において販売することができるものを指します。

「化粧品」は、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものと定義されています。


■ Wikipedia 医薬品
■ Wikipedia 医薬部外品
■ Wikipedia 化粧品

「医薬品」は主に治療を行うために与える薬品で、販売の許可が必要なもの
「医薬部外品」は人体に対する作用が緩和なもので、販売業の許可を必要としないもの
「化粧品」は体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、作用の緩和なもの

「医薬品」と「医薬部外品」「化粧品」の違いは?
Tagged on: